澄んだ瞳の風俗嬢

成長もテーマだと思います

風俗は「成長」もテーマだと思うんです。それは女の子の成長じゃなくて、自分の成長ですね。自分自身もまた、どれだけのスキルを持っているのかによって風俗での楽しさは充実ぶりが変わってくると思うんですよね。これは間違いないというか、自分でもいつも思うんですけど、風俗って実際問題女の子だけの問題じゃなくて、二人の問題じゃ無いですか。お客と女の子の二人がどんな時間を作るのかこそ、快感をもたらしてくれるものなんです。だから女の子だけの揉んだじゃなく、お客側の力もある程度はあると思いますよ。比率で言えばもちろん女の子の方が重要だとは思いますけど、男だって出来ることはあるんです。例えばお世辞を言って女の子のモチベーションを高めたり、女の子に対して警戒心を解いたり。そういったことが出来るようになってくると、風俗での楽しさが加速するんじゃないかなって思うんですよね。事実、そう思うようになってから自分もとっても楽しいですし。

現実とイマジネーションの狭間で

イマジネーションと現実。この二つと言うのは相反するものです。風俗で遊ぶ時にはホームページを見てはイマジネーションを膨らませ、膨らんだイマジネーションを現実によって修正していく…。それが風俗に於ける日常だと思っていますけど、それが近ければ近いほど刺激的ってことでもあるんじゃないですかね。風俗で遊ぶ時にイマジネーションを膨らませるのは当たり前の話なんです。じゃあそれで現実ではどうなのか。その差が狭ければ狭い程、刺激絵的な時間を楽しめているってことだと思うんですけど、イマジネーションがどれだけ膨らむのかって、結局の所相手次第の面もあるじゃないですか。つまりはそれだけそそられるような相手だってことなので、ホームページでいろんな女の子を見て、そこから先は理屈ではないんです。誰が自分のイマジネーションを一番膨らませてくれたのか。これによってまた違ってくるというか、自分なりにいろんなことを楽しめれば良いかなって。