澄んだ瞳の風俗嬢

マゾな子が大好きなんです

攻めるのが好きなのもあって、風俗ではマゾな女の子を指名することが多いです。風俗嬢もまた、いろんなタイプの子がいるじゃないですか。その中からとりあえずマゾを大前提にして選ぶようにしているんですよね。それによって、じゃあ何をすべきなのかや、どう攻めるのかを連想するんです。風俗のプロフには大抵性感帯が明記されているので、どこを攻めるのかを考えるのが好きなんですよ。マゾといってもそこにはいろいろな種類があるんです。敏感という意味でのマゾもいれば、敏感ではないけど濡れやすいとか、特定の部分だけ弱いとか、本当にいろんなマゾがいるんです。その中から誰にすべきなのかを考えることによって、自分がどれだけ満足出来るのかが決まると言っても決して過言ではないんですよね。それに、マゾって自覚している分、攻められることに対して寛容なんです。そのおかげで自分も女の子を攻めている時に新しいインスピレーションが目覚める時もあるんです。

慣れてきて見えることもある

まだまだ慣れていない時って、相手の風俗嬢に何をされているのかもよく分からなければ、相手の真意が分からないので、決して悪気がある訳ではないもののの、結果的に非協力的になってしまうこともありますよね(苦笑)でも、慣れてくることによって相手の風俗嬢がどういったことをしたいのかや、何を意図していることなのかも見えてくるようになるので、楽しさも倍増していくと思うんです。その点では風俗ってやっぱり慣れというか、自分自身側の経験もそれなりに大切になってくるものだなって思いますね。慣れていなければ遊べないって訳じゃないんですけど、慣れることによって風俗嬢の意図が分かれば、じゃあこちらはどういったスタンスでいれば良いのかや、ちょっと体を動かしたりとかいろいろと協力出来るようになるじゃないですか(笑)それもそれでとっても楽しいものなんですよね。だからこそ、風俗であそぶときには遊ぶ時には相手の意図を考えるようになりましたね。