澄んだ瞳の風俗嬢

風俗嬢への信頼感も大切

風俗嬢に対してどれだけ信頼出来るのかは、案外大きいんじゃないかなって思いますね。だからホームページでいろいろな女の子を見ますけど、「どれだけ信頼出来る風俗嬢なのか」を考えるようになりました。信頼と言ってもいろいろな形があると思うんですけど、自分のことを満足させてくれるのかどうかや、どういった満足をもたらしてくれるのか。ホームページを見ている段階ではまだまだイメージだけしか出来ないんですけど、少なくとも自分の時間を預けても良いであろう女の子と楽しむよう心掛けています。まぁ風俗嬢も経験豊富なので、誰を指名したとしても自分のことを楽しませてくれるであろうことは間違いないとは思うんですけど、細かい相性の問題もあるじゃないですか。ホームページを見るだけでそれらを読み取るのは難しい問題だとは思いますけど、端的に言えば相手に対して信頼感を寄せられるのかどうか。結局はこの点に尽きるんじゃないかなって思いますけどね。

接待に疲れたら風俗ですね

営業の仕事。それはとにかく接待ですよ。昔ほどじゃないとはいえ、やっぱり接待は大切です。結局競合がいると、どちらにするのかなんて正直な所、大差ないんですよ(苦笑)むしろ余程の差があるなら良い方にします。どちらにするかクライアント側が迷っているということは、いわば「どちらも同じようなもの」なんですよね。ということは、商品力だなんだでアピールしても意味がないんです。プラスアルファ、つまりは接待などによって気持ち面からのアピールが必要になってくるんですよ。これは一つの現実なんです。だから営業の人間は接待ばかりですけど、飲み会じゃないんです。接待して楽しませなければならないので、その分ストレスは溜まりますよね。だからその捌け口として、風俗は良くお世話になっています(苦笑)風俗での料金だって経費として計上してもらいたいなって思うくらい、本当にいろいろと大変な部分もありますけど、でも楽しいのは事実なんですよね(笑)